自己紹介文

 母は、父が亡くなってから、1年ほど、ひとり暮らしをしていた。
 近所の「ちょっとヘン」との声に、いっしょに住むため連れてきた。
 「来るか?」
との問いかけには、満面の笑みで、
 「すぐ、行く ! 」
 田舎からは、一度も出たことがない。
 それ以来、二人だけの、新たな生活が始まった。
 昼間は、話し相手もいない部屋に、引きこもったままの生活。
 楽しみは,休みの日のドライブと、月一回、主治医を訪ねる帰省だけである。
 今年の春、主治医の勧めで神経科を受診、アルツハイマーと診断された。
 治らないという。
 話し相手が見つかれば回復するのでは、との、しろうと判断ではあるが、かすかな望みをこめ、介護にあたることにした。
 介護認定を受け、要介護3、デイサービスも開始した。
 
(追記)
 介護を、本格的に意識してから、4か月が過ぎた。
 想像していた状態を、はるかに超えていた。
 今年の春までは、6時から食事の準備をして、朝食のわずかな時間だけの会話であった。
 田舎とは違い、通勤にも、結構な時間を要する。
 食事のたびに、帰宅することなど、あり得ない。
 昼食と夕食の用意をして、7時ちょい過ぎには、会社に向う。 
 帰宅は、いつも22時を過ぎるし、日を越える日もあった。
 そのような短い時間を接するだけで、まだ半分は正常と、勝手に判断していただけだった。
 以来、日に日に悪化している様に思ったが、徐々に、実状がわかっただけである。
 もう1年早く始めるべきだったと、悔いている。
 いまさら悩んでも、仕方がない。
 まだ、自我が残っている間に、少しでも多く、楽しい思い出を持たせたい、と思うこの頃である。
 
(追記)
 嫌がっていた”老人会”ならぬデイサービスが、大好きになった。
 真夜中には、準備をして待っている。
 パジャマに着替え寝かせても、小1時間もすると、また準備する。
 真夜中に、一人で出かけようと、チャレンジする日もある。
 行けない日と認識できた時の、落ち込み様は、はっきりわかる。
 やはり、人々と交わっているのが、一番のようだ。
 介護センターが休みである日曜日と祭日以外は、すべて行くことにした。
 喜々として出かけるのが、末永く続いてほしいものである。
 
(追記)
 一気に、要介護5になった。
 時おり、、限界を感じるようにもなった。