« オカズを残す | トップページ | アジサイが咲く »

オカズを残す(2) 

 
 理由は、簡単なことだった。
 この3日ほど、食事の途中で洗濯機の終了ブザーが鳴ったり、電話がかかってきたりしたため、こまめに"声かけ"をしなかった。
 口いっぱいになったから、食事を終えようとしていたのだ。
 最後の日は、こちらが食べるのを待っている間に、口に入っていたものが飲みこまれたため、再び食べ始めたのだ。

 食べ物を口に入れることと、噛むこと、飲み込むことがうまく連動しなくなって久しい。
 口いっぱいになると、入らない。
 1人の時は、それで食事は終わりを迎える。
 残ったものは、捨てられる。
 果物やお菓子などの中で、大好きなものは食べ尽くすから、不思議である。

 平らげるというより、処分されるといった表現の方が、的を得ているかもしれない。
 一度に入りきれないコッペパンなどの大きなパンも、半分は捨てられる運命だ。
 半分ほど食べられた後、捨て置かれる。
 ゴミ箱の中にも入れてもらえず、辺りに捨てられる物もある。
 しまい忘れたバナナは、無残である。
 1本を3分の1ほど口に頬張ると投げ捨てられ、次のバナナが同じ目にあう。
 そして、すべてがなくなる。
 繰り返されている光景が、鮮明に目に浮かぶ。

 翌日は、通常の食事パターンに戻った。
「もう口に、入れない」
「うん」
「良く噛んで」
「うん」
「まだ、口の中がいっぱいだよ」
「うん」
「まだ残っているよ」
「うん」
・・・・・・・・
  ・・・・・・・・

 何度も、何度も、繰り返す。
・・・・・・・・
  ・・・・・・・・

 並んだ食べ物をすべて平らげ、閉幕に入る。
「口に入っている間は、立ったりしない」
「うん」
「まだ、入っているよ」
「うん」
「まだ、頬がふくらんでいるよ」
「うん」
「まだ、動かない」
「うん」
・・・・・・・・
  ・・・・・・・・

 様々な問題はあるものの、一応は自分で食べている。
 食べること自体が難しくなる時は、いつ迎えるのだろうか。
 
 


« オカズを残す | トップページ | アジサイが咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218054/45451233

この記事へのトラックバック一覧です: オカズを残す(2) :

« オカズを残す | トップページ | アジサイが咲く »