« 今日もお世話になる。 | トップページ | 女の着替えは長い »

若者ルックにチャレンジ?

 
 朝の声をかける。
 いつものように、何の返事もない。
 いつものように、繰り返す。
 やっと、物音がする。
 しばらくすると、這って出てくる。
 後ろを見る。
 背中まで濡れている。
 この数ヶ月前から、毎日の日課となった着替えに入る。
 "大"の時はみじめであるが、今日は"小"だけのようだ。

 最後の靴下を履き換え、着替えを終える。
 起きがけの"行事"は、終わりを告げた。

 食事時間も、終わった。
 デザートの時間も、終わった。
 一息をつく間もなく、デイサービスへ向かう時刻が迫る。
 外出着に着替えるよう促す。
 大好きな"老人会"に行くのだと、認識したようだ。
 一転、行動に活気があふれ、顔が生き生きとする。
 率先して、着替えに入る。
 パジャマの上に、外出着を羽織る。
 パジャマを脱がせるのに、一苦労をする。
 出来るだけ自分でさせないと、何もしなくなってしまうから、労力がかかっても、時間がかかっても、出来るだけさせるようにとの助言が思い浮かぶ。

 パジャマを脱ぎ終え、ズボンもはいた。 
 セーターにかかっている。
 ヤマは越したが、予定より、ずいぶんかかった。
 こちらも、着替えるため、その場から離れる。

 出かけるとの声をかける。
 すばやく、出てくる。
 玄関に向かう。
 曲がっている背中が、いやに盛り上がっている。
 上着の前のボタンを外させた。
 へそが出ている。
 下着もセーターも、途中までしか降りておらず、背中は半分も降りていない。
 ズボンも途中までしか上がっていない。

 若者の街などでよく見る"へそ出しルック"だ。
 さらに、"半ケツ・ルック"も加わっている。
 笑いが込みあがる。

 ただ、80歳も半ばを超えた女性には、やはり似合わない。
 
 


« 今日もお世話になる。 | トップページ | 女の着替えは長い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218054/46654997

この記事へのトラックバック一覧です: 若者ルックにチャレンジ?:

« 今日もお世話になる。 | トップページ | 女の着替えは長い »