« チリ地震の余波 | トップページ

"ドライブの日"が、消え去った

 
 今日は日曜日、再開した"ドライブの日"である。
 いつもの儀式をつつがなく終え、大好きな海に向かう。
 小雨交じりの天候からか、自動車道は空いている。

「 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                        」

 帰宅後、今日のドライブの話しに移った。
「今日は、老人会に行ったよ」
「球投げをして、おもしろかった」
「踊りを踊ったよ、楽しかった」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「海なんかに、行っていないよ」

 すべてが、消え去っていた。

 この半年、進行が激しいと実感する。
 この冬は徘徊による凍死寸前も数回。
 排泄は、24時間垂れ流し。
 食事も、1人では無理になった。
 時おり、限界かと思うようになった。
 メンタルケアの医師の言葉が、頭にこびりつくようになった。
「寝た切りの方が、介護は楽ですよ」

 ドライブの途中は楽しそうにしていたから、それで“よし”としよう。
 


« チリ地震の余波 | トップページ

コメント

その後も折に触れて拝見しています。最近母上の変化が早いのではと感じていたところに、今回の更新に接し、思わず「コメント」をクリックしてしまいました。充分孝養を尽くされたと思います。くれぐれも無理されませんように。

投稿: | 2010年3月14日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218054/47792875

この記事へのトラックバック一覧です: "ドライブの日"が、消え去った:

« チリ地震の余波 | トップページ